[本文はここから]

世田谷区二子玉川公園に日本庭園を計画中

2011.03.09

昨年12月、世田谷区、二子玉川公園内の日本庭園のプロポーザルで当社が特定された。
多摩川沿い、6.3haの公園内に約5,000m2の日本庭園を新規に作るプロジェクトである。

要綱には石組み等を担当する庭師の記載を要求され、日本ランドスケープフォーラムの活動等で親しい高崎康隆氏に白羽の矢を立ててプロポーザルに望んだ。この庭師の位置づけは日本庭園の作品性を高品質にするためには適切な処置で、設計監理もプロポーザル時点から組み込まれており画期的な試みといえる。
私たちはこのプロポーザルで、日本の伝統的な文化を下敷きにして、如何に新しい21世紀型の日本庭園を提案するか心を砕いた。

イメージした日本庭園像は
“京都風ではなく、武蔵野”
“抽象的な水ではなく、豊かな水”
“宗教としての石組みではなく、造形としての石組み”
“仕立てた樹形ではなく、自然樹形”
“装置としての点景物ではなく、風景に”
としてこれらを重層的に「かさね」て構成したいと考えた。

その上で気軽に散策し、ゆったりと休め、交流できる開かれた空間をめざした。
また、従来の日本庭園の基底に存在する日本文化、芸術の表現技術を重要なデザイン技術として、きめ細やかな表現を目指した。

現在は委員の先生方の意見を反映させ、3月末の基本計画策定に合わせ作業中である。順調であれば2013年に本格的な周遊式日本庭園を皆さんにお披露目し、ご意見を拝聴したいと思っている。

戸田芳樹

[ここからはカテゴリ内ナビゲーション]

NEWS

  • 株式会社 戸田芳樹風景計画
  • 〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-36-1ミユキビル3F  Telephone:03-3320-8601 / Facsimile:03-3320-8610
  • COPYRIGHT © Yoshiki Toda Landscape & Architect Co.,Ltd. All Rights Reserved.