[本文はここから]

港北ニュータウンのグリーンストラクチャーを歩く-2

2018.08.31

「せきれいのみち」の川下から見て行こう。石畳に接する薄い水幕の池は背後の斜面林のシルエットに対して最少のデザインとしている。僅かな高さの堰と微妙な高低を持った舗装、護岸、階段は何気なく見えるが、港を縮景したような風情もありクオリティが高い。流れが曲がる地点は流速を減じて、ゴミ等を受け止める装置を付け、まさに「用と景」というデザインの基本に基づいて計画している。さらに上流に向かって進むと、土木的な水路に見せながら、所々でデザインを設え、シンプルな空間が気持ちの良い歩行を誘う。

しばらく進むと上部と連なる道と接し、その空間はかなり思い切ってデザインしている。水面に対して両側を階段にしたデザインはオーソドックスだが、水底を部分的に盛り上げて水の流れに表情をつけ、「水の風景」を豊かに見せている。

さらに進むと山辺を歩く雰囲気となり、石舗装から土舗装に変化する。その変化は見た目だけでなく足元のクッションや土を踏む音からも感じられ、今までとは違う空間に足を入れた実感が持てた。しばらくするとほとんど作意の感じられないフラットな柔らかな空間に移行。山裾を歩いた後にフラットなスペースに出会うと、なぜかホッとする。この様な気持ちになるのも身を守りたい人間の本能がなせる技なのであろうか。

途中、道路橋下に差し掛かると流れのデザインが固くなる。直線的な表情にあえてしているのは作者の土木に対するアイロニーと思えた。

大きめのオーバーフロー用の桝が使われているのも土木的であり、土木の機能にランドスケープデザインを上手く協働させている。しかし自然度が増し、みどりが深くなったエリアで自然石を所々使っているのはランドスケープアーキテクトが背負った思い、宿命なのだろうか。

そして「茅ヶ崎公園」に到着。ここは自然のアンジュレ-ションに従った無理のない空間で、園路が芝生地、池、樹林地を上手く結んでいる、公園の園路は勾配がついているが、歩くのが苦にならない。

ここまで歩いてきたが、意外と散策している人を見かけない。皆さん用事を抱えた歩き方なのだが、都心のようにせかせかせず何かゆとりがある。時折、ジョギングランナーが結構なスピードで駆け抜け、空気がさっと変化する。

私は結構歩いたが疲労感は殆ど無く、むしろ爽快であった。圧倒的なみどりのパワーが生き物である自分を後押ししてくれたのだろうか。

そこで面白いものを発見。公園で見かけた水飲みのデザイン(特に質感)が深谷光軌の作風によく似ている。大きくどっしりとした水飲みは機能以上のパワーで迫ってくるが、デザイナーの上野泰は果たして深谷から影響を受けていたのだろうか。興味がそそられたが、それは後で述べる事としたい。

戸田 芳樹

[ここからはカテゴリ内ナビゲーション]

NEWS

  • 株式会社 戸田芳樹風景計画
  • 〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-36-1ミユキビル3F  Telephone:03-3320-8601 / Facsimile:03-3320-8610
  • COPYRIGHT © Yoshiki Toda Landscape & Architect Co.,Ltd. All Rights Reserved.