[本文はここから]

浜松城日本庭園を見る-2

2020.03.05

右斜面上に目をやれば、紅白の梅が満開で香りも素晴らしく、里山のような空間が広がっている。その路を滑滝に向かって歩いて行く途中に木橋と出会う。日本庭園に置かれた橋は見られるだけでなく見る場としても重要。渡りながら左右の景色を楽しむ。

下流側を見れば先にある公園と庭園を分ける生垣が見事な直線で領域を分けて潔い。手前の深い池と水門は静と動のコントラストを付けて誠に美しい。上流側は水面に浮かぶ飛石と切石橋、その背後で水しぶきを立てて流れる高さ6~7mの滑滝があり、庭園鑑賞前半のクライマックスを作り出している。この滝の落水スピードの速さと飛石を渡るヒューマンな歩行速度を重ねると、時間のズレによるランドスケープデザインの微妙な変化が感じられる。

橋は不思議なデザインで、日本庭園によく見られるアーチ型の木橋をあえて半分に切って高所と低所を結んでいる。一般に大きな橋は池の水平線を強調する円弧のデザインを用い、静的な空間を美しく作り出す。しかしここでは橋を半分に切り高低差のある地形に合わせているのがユニークだ。見えない残り半分の橋を想像させる動的なイメージを促したのなら更に意図が深くなる。いかにも作者のモダンな感性が表出した木橋と空間に佇むと、チャレンジに挑む伊藤邦衛氏の姿が見え隠れするようであった。

■庭園のクライマックス大滝
さらに上流に歩みを進めると園路に沿った流れの途中に細やかな絶景を発見。そこには流れと護岸、中央を少し高くした石橋があり、その背後に浜松城庭園随一の見せ場、大滝が控えている。とてもバランスが取れており、奥行きを感じる重層的な構成だ。日本庭園が持つ様々な要素を包含した景観は日本人の心に等しく「懐かしい」ものではないだろうか。さらに小川に沿った山路を行くと遠くに建物が見え、近くには石橋があり人々の生活が見えるようだ。その奧には自然の大きな恵み、樹林と池も望まれ人の生活と自然とが一体となった空間、「里山」に入った事に気が付く。

はやる心を抑えながらさらに進むと左手の四阿が近づき、この建物からの景色が一番だとサインを出しているように見える。四阿に座って眺めると、建物のフレームで大滝がより臨場感を持ち迫ってくる。しかしながらここからは大滝の全貌が捉えられない。四阿からは正面を少し外している様に感じられるが、これは伊藤の意図的なデザインなのであろうか。

滝は最初に記した大石を使用しているが、意外に威圧感がないのは広島空港にある三景園と同じ手法を使っているからだ。割って取り出された恵那石は自然石の様に横へのボリュームがなく、石を重ねる事が出来、表現はシンプルですっきりとしている。高い滝石組のひとつの解答をここで見る事が出来た。また大滝の位置は南に向いており、時間による変化で様々な光の表情が作り出され、恵那石のテクスチャーも際立って美しく見られる。庭園のクライマックスは光り輝いて欲しいものだが、大滝周辺のランドスケープデザインは期待を上回る見事な輝きを見せている。

周囲はイロハモミジの植栽が中心で、葉のある状態では滝の風圧で枝がそよぎ、より風流な眺めとなる。しかし落葉時だった為、そよぎのシーンが見られず残念であった。護岸の石の中に光のリフレクションが映るようわざわざ石の角度を変えて組んでおり、これも伊藤の遊び心と言える。

戸田 芳樹

[ここからはカテゴリ内ナビゲーション]

NEWS

  • 株式会社 戸田芳樹風景計画
  • 〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-36-1ミユキビル3F  Telephone:03-3320-8601 / Facsimile:03-3320-8610
  • COPYRIGHT © Yoshiki Toda Landscape & Architect Co.,Ltd. All Rights Reserved.